学校評価について

 学校評価は、生徒がより良い教育活動を享受できるように、学校が学校としての目標や取組等の達成状況を明らかにして、その結果をもとに学校運営の改善を図るために行うものです。
 保護者の方々や地域の方々から学校に寄せられる期待に応え、より信頼される学校づくりを進めていくためには、学校評価を適切に実施し、効果的な公表に努めることが必要となります。学校評価の実施を通して学校にかかわる多くの人と情報のやりとりがなされ、連携を図ることにより、開かれた学校が実現されます。
 このことから、学校における学校評価の目的を次の2点に整理し、より一層の学校運営の改善と発展を目指します。
① 学校運営の改善
 本校の教育活動その他の学校運営について、組織的・継続的な改善を図ります。
② 説明責任及び連携
 学校評価の実施・結果の公表により、適切に説明責任を果たすとともに、保護者・地域住民の方々から理解と参画を得て、その連携協力による学校づくりを進めます。

○学校評価のイメージ図(島根県教育委員会リーフレットより)