理科学習

HOME > 理科学習 > 自由研究 > 夏休み自由研究の参考となる企画展や教室

夏休み自由研究の参考となる企画展や教室

出雲市小中学生科学グランプリ 前年度優秀作品展(7月中旬)

今後の研究の参考にするため、前年度の科学グランプリ作品展で優秀な成績を収めた作品の数々を展示します。どのような点が高く評価されたのか、もうひと工夫欲しい点に関するアドバイスなど、審査員の先生からのコメントが一緒に掲示されます。優秀作品のよいところを参考にして、自分の研究の質を高めることが出来ます。

会場風景

展示風景

参考資料をチェック


夏休み科学研究教室(7月下旬)

例年6月下旬から7月上旬に市内小中学校へ募集チラシを配布します。小学1・2年生、小学3・4年生、小学5・6年生および中学生を対象とする3区分を設定し、科学研究の進め方や観察・実験の方法などについて基本的な知識と技術を学びます。また、出雲科学館にある設備や機器を使っていろいろな観察・実験をすることにより、科学に対する関心を高めて研究への意欲を育てます。

模造紙へのまとめ方を説明

プランクトンの観察方法を学習

出雲市小中学生科学グランプリ(9月下旬)

自由研究に取組んだ児童、生徒の成果約400点を、9月下旬から10月上旬にかけて展示します。最終日には市長賞ほか特別賞の表彰式と受賞者による作品発表会を開催します。
上位入賞者の作品は、日本学生科学賞島根県展・島根県科学作品展へ出品されます。さらに県展の上位作品(中学生のみ)は日本学生科学賞の全国展へ進みます。

作品展示

発表の様子

発表会会場

作品の講評

ページの先頭へ