どんなところ?

HOME > どんなところ? > 科学館設備紹介

科学館設備紹介

出雲科学館全体

出雲科学館は子どもから高齢者まで、誰もが安心して気軽に利用できる施設を目指しています。
そのためゆったりとした空間で1階部分にほとんどの機能を集め、誰でも利用しやすい施設になっています。また建物は太陽光発電や雨水利用など環境にも配慮しています。

太陽光発電
環境への配慮として科学館の屋根の上で太陽光発電を行っています。最大一般家庭3軒分の消費電力に相当する電力を発電します。

風力発電
科学館の玄関横にある風力発電で発電した電力は、夜間の駐輪場の照明として使われています。

クールチューブ
地中に埋められた管の中に外気を通し、地熱を利用して夏は涼しく、冬は暖かくして取り込んでいます。

雨水の利用
屋根に降った雨を地下に貯水し、浄化して樹木への散水やトイレの洗浄に使用しています。
全面ペアガラス
全面ペアガラス採用による断熱性向上などエネルギー効率を改善し、環境への負荷をできるだけ軽減しています。
氷蓄熱・床暖房
深夜電力による氷蓄熱・床暖房システムを導入しています。

ページの先頭へ

サイエンスホールの設備

サイエンスホールでは観察・実験機器を配置し、大型の実験装置を使ったダイナミックなショーや講演会ができるようになっています。

170インチ大型スクリーン
理科学習やサイエンスショーなど手元の小さな実験も大画面を使ってわかりやすく演示します。

走査電子顕微鏡
最低50倍から30万倍の画像を見ることができます。

デジタル実体顕微鏡
20倍から4000倍の広い範囲でカラー画像を見ることができます。観察物を回転させながら観察することもできます。

赤外線カメラ
物体から放射される赤外線を感知し、温度を色で表します。

軟エックス線装置
空港搭乗口でも見られる安全性に優れたエックス線装置。小さな生き物や身の回り品などをエックス線で透過して観察することができます。

ページの先頭へ

実験室・実習室の設備について

ものづくり・実験教室や理科学習に次のような機器が活かされています。

50インチプラズマディスプレイ
実験室・実習室は映像による学習やインターネットを活用して、楽しく効率の良い学習が展開できるよう工夫しています。

1人1台の顕微鏡
理科学習で一人一人が顕微鏡を使うことができるように、それぞれの教室に40台ずつそろえています。

多種多様の実験装置
ものづくり・実験教室や理科学習で、一人一人が実験にのぞめるようにたくさんの実験器具・機械を準備しています。

2人に1台のパソコン
実習室では各20台のパソコンをそろえています。パソコン教室、インターネットを利用した学習ができるようになっています。

デジタルプラネタリウム
今夜の夜空の様子や宇宙に関するアニメーションなど11のプログラムの中から上映します。

ページの先頭へ

創作工房の設備

工作室

木工・金工品の加工・製作のほか、ロボット製作、電子工作、手工芸などさまざまなものづくりを行うことができます。塗装ブースや溶接ブースもあります。
木工創作教室で気軽にどなたでもお楽しみいただける部屋です。

1.糸のこ盤
チャレンジ!木工でよく使われているのが糸のこです。木を切る、という簡単な加工をすることができます。

2.ボール盤
穴を開けることができます。

3.木工ろくろ盤
椀や茶たくなど円形のものをつくることができます。

4.小型帯のこ盤
糸のこほど細かい作業はできませんが、直線など大まかな形をとるのにとても便利です。

5.手工具
のこぎり、のみ、スコヤ、げんのうなどがあります。

木工室

大型から卓上型のまでさまざまな機械を備え、幅広い木工品製作を行うことができます。設備:ルータマシン、バンドソー、手押しかんな盤、軸傾斜縦切盤、角のみ盤ほか。
木工創作教室で木工室を利用するには原則として、当館が指定する木工教室を受講された方に限ります。

1.卓上スライド丸のこ盤
厚さのある角材を切ることができる。

2.テーブル傾斜丸のこ盤
縦びき、横びきのほかに、溝びきやほぞの加工ができます。

3.ルーター
溝切り、面取り、切り抜きなどの加工ができます。

4.バンドソー
直線びきの加工ができます。

5.テーブルソー
たてびき、横びきの加工ができます。

6.軸傾斜縦切盤
縦びき、横びきができます。

7.大型角のみ盤
ほぞ穴を開けることができます。

8.大型手押しかんな盤
面を平らに仕上げ、基準面をつくることができます。

9.自動一面かんな盤
設定した一定の幅や厚さに仕上げ、加工することができます。

10.大型ボール盤
径の大きな穴を開けることができます。

11.大型集塵機
大型木工機械で出る木くずを集めます。

ページの先頭へ