長浜小学校の歴史
校 旗 と 校 章
 校旗は、昭和45年に作られました。校旗に象徴されているのは、「鋤」・「三身の綱」・「園の長浜の砂」です。それらは、由来を遠く、出雲風土記の「国引き」神話にさかのぼります。
 長浜小学校は、「旧荒茅小学校」・「旧西園小学校」・「旧外園小学校」が、いっしょになってできました。長浜小学校になったのは、昭和33年のことです。今、その頃の校舎の面影を現在の家庭科室・図工室などがある旧校舎に見ることができます。
 校歌は、それよりも前の昭和34年に作られたものです。作詞は須田正平さん、作曲は森山俊雄さんです。今も歌い継がれています。
 プールは昭和47年に、相撲場は昭和51年に完成し、現在も子どもたちが使用しています。
 新しい校舎と体育館がができたのは、昭和63年のことです。

ずっと昔の学校
旧荒茅小学校(大正時代) 旧西園小学校(昭和10年代) 旧外園小学校(昭和10年代) 

    

昭和の中ごろからの長浜小学校
昭和31年 長浜村が、出雲市に仲間入りしました。 昭和35年、校庭の草刈りをする子どもたちです。くわを使って草を取っています。後ろの校舎は、木造校舎です。
昭和33年 わたしたちの学校が、長浜小学校という名前になりました
昭和34年 校歌ができました。
昭和37年 給食が始まりました。
昭和39年 大雨が降り、学校のまわりも水害にあいました。
昭和44年 校旗とができ、贈呈式が行われました。 昭和48年の運動会の写真です。リレーをいっしょうけんめいしている子どもたちです。
昭和47年 プールができました。
昭和52年 すもう場ができました。
昭和55年 体育館を使いやすくする工事が始まりました。
昭和56年 「くにびきマラソン大会」が始まりました。
昭和58年 花いっぱいコンクール最優秀賞。花いっぱいの伝統
が芽生えました。これ以後も受賞は続きます。
昭和58年のイモの苗を植えている写真です。サツマイモを育てることは、ずっと前から行われていたようです。
昭和63年 「くにびき産業文化祭」が始まりました。長浜小学校
が、今の校舎に増改築されました。
古い校舎の玄関付近 昔の体育館 校門から見た旧校舎 新校舎に机を運ぶ子どもたち
上の4枚の写真は昭和63年頃の写真です。資料は、長浜小学校増改築記念誌「くにびき」から使わせていただきました。