学校の歴史

トップページにもどる

明治 7年  河下、唐川、別所小学校開校。
   16年  河下村第
番地に新築校舎移転。
   17年  学区改正のため楯縫郡第
番学区河下小学校と改称。
         口宇賀、奥宇賀、河下、別所の四か村を通学区域とし、唐川は分教場に収容する。
   18年  学制改正につき河下を高等科小学校、奥宇賀、猪目を各中等科小学校とする。
         唐川は通学不便のため河下の分教場を設け初等科とする。
   20年  教則改正につき簡易科とし河下簡易小学校と改称。
   22年  自治制実施につき名称を鰐淵第1簡易小学校と改める。
   23年  校舎新築移転 唐川分教場廃止 別所、河下、唐川を通学区域とする。
   25年  改正小学校令実施につき鰐淵村河下尋常小学校となる。
大正 8年  修業年限
カ年の高等科を併置。名称は再び河下尋常高等小学校となる。
昭和12年  全校舎改築竣工。
   16年  国民学校令実施により校名を鰐淵村河下国民学校と改称。
   18年  鰐淵村国民学校と改称。猪目分教場を設置。
   22年  学校教育法改正により鰐淵村立鰐淵小学校と改称。
   26年  平田町立鰐淵小学校と改称(平田町合併)
   30年  平田市立鰐淵小学校と改称(平田市制)
   40年  現校舎竣工。
   41年  児童数減のため全学年1学級ずつとなり
学級編制。
   43年  完全給食開始(平田市学校給食センター開始)。
   49年  開校
100周年記念式典挙行。
   50年  現体育館竣工。
   59年  水泳プール竣工。
平成 4年  平田市教育委員会から「ふるさと学習」実施校の指定を受ける。
    5年  サケの稚魚放流始まる。
         第
3,4学年及び第5,6学年複式学級となる。
    6年  校舎大規模改造工事(2年次)
    8年  遡上を試みたサケが唐川川河口で見つかる。
   12年  神戸川漁協提供の親ザケによる初めての人工授精と飼育を行い、翌年3月に放流。
   14年  遡上したサケを捕獲し人工授精と飼育を行い、翌年放流を行う。
   15年  特別支援教育「かがやき学級」(情緒)を設置。
         第
23回全国豊かな海づくり大会(浜田市)で「小学生による環境保全」を出展。
   16年  唐川川の環境保全活動の実績により日本河川協会から表彰を受ける。
   17年  市町村合併により出雲市立鰐淵小学校と改称。
         特別支援教育の学級を新たに設置。かがやき2組(知的)とする。
   18年  第1・2学年複式学級となる。
         水環境フェア
in松江2006で唐川川の環境保全活動について発表する。
         鰐淵小学校地域学校運営理事会が組織される。(9月27日)
   20年  アサギマダラのマーキング(春:垂水海岸、秋:校地内)始まる。
         川に学ぶ全国事例発表会(東京)において「唐川川流域周辺環境保全活動」について発表する。
         長年の歳末募金(鰐淵寺)等により中央共同募金会から表彰受ける。
   21年  第1回出雲市教育研究大会東部ブロック大会開催(図画工作科;対話型鑑賞を中心として)。
         4年ぶりに唐川川にサケ遡上。人工授精をし、稚魚放流。
   22年  斐伊川神戸川マップづくり発表会で取組発表。
         猪目分校で出雲市教育研究会へき地教育部会主催「へき地・複式教育を語る会」開催。
   23年  猪目分校休校となる。(在籍児童が本校へ転入のため)

   24年  特別支援教育「かがやき学級」(知的)を設置。
       
 出雲市立鰐淵小学校猪目分校閉校。
   25年  猪目分校閉校に伴い、猪目町が校区に加わる。
         猪目分校閉校式(8月11日)
         斐伊川神戸川マップづくり発表会で取組発表。
   26年  野生生物保護功労者表彰連盟会長褒状受賞
   27年  出雲市同和教育研究指定事業(2年次)研究発表会開催