学校経営

校訓
すすんで なかよく たくましく
学校教育目標
ふるさとを愛し人を愛し
自ら学び たくましく生きる 神西っ子の育成
 学校経営の基本方針
 子供や保護者、地域の願い及び学習指導要領の趣旨を踏まえ、そして、リスペクトの気持ちをもって保護者・地域と連携し、全教職員が協力体制で、「生きる力」を子供達に育む教育を推進する。
めざす学校像・子供像・教職員像
家庭・地域とともに
◆めざす学校像
 ○明るく活気に満ちた学校
 ○一人一人を大切にする学校
 ○家庭や地域とともに歩む学校
◆めざす子供像
 ○すすんで学び合う子
 ○なかよく助け合う子
 ○心身ともに健康でたくましい子
具体的施策
(1)すすんで学び合う子
 ①学習規律の確立
  ・基本的な学習習慣の形成(姿勢、話し方、聴き方、ノート指導)
 ②日常の授業改善
  ・「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた「見方・考え方」を働かせた授業の展開
  ・めあてと振り返りを意識した授業づくり
  ・自分の考えを表現したり、伝え合ったりする場や機会を意図的に設定した授業の実践
  ・学校図書館、ICTを活用した学習の充実
  ・課題設定や発問を工夫し、子供の声でつくる授業の実践
  ・「自己存在感」を与える、「自己決定の場」のある、「共感的な人間関係」を育てる授業の実践
 ③家庭学習習慣の定着
  ・家庭と連携した学年に応じた学習習慣・読書習慣の確立
(2)なかよく助け合う子
 ①感謝、寛容、思いやりの心
  ・お互いの思いや立場を大切にし、互いに認め合い、励まし合い、助け合う、心の教育の充実
  ・人権意識を高め、自他の存在を大切にし、多様性を尊重する教育の充実
  ・感性を磨くための、五感を大切にした体験活動の充実
  ・学級活動、縦割り班活動、児童会活動等様々な集団での活動による、思い合い、支え合い、助け合う場の設定
 ②心の居場所づくり
  ・一人一人が活躍する場を設定し、自己存在感、自己有用感が感じられる学級づくりと、つながりを大切にする異学   年活動の充実
  ・共感的な児童理解と人権尊重を基調とした生徒指導による人権感覚の高揚や自尊感情の譲成
  ・いじめや問題行動、不登校等の未然防止、早期対応・解決を図る相談体制、支援体制の充実
 ③交流活動の推進
  ・特別支援学級と通常の学級の交流、各学年と出雲養護学校小学部との交流等各種交流学習の充実
(3)たくましい子
 ①体力の向上
  ・体育の授業や食育の充実、外遊び、運動の習慣化による心身の健康づくり、体力づくりの推進
 ②粘り強さの育成
  ・特別活動の充実による仲間との支え合い、やり抜く体験の場づくり
 ③基本的生活習慣づくり
  ・情報社会における正しい判断力や望ましい態度の育成
  ・安全教育の充実による危険回避能力の育成
(4)地域に根ざした特色ある学校づくり
 ①学校・家庭・地域との連携
  ・保幼小中の交流・連携の推進及び充実
  ・神西コミュニティセンター等関係機関との連携・調整の推進により、ふるさと教育を充実させ、ふるさとを誇りに   思い、ふるさとに貢献しようとする児童の育成
  ・リスペクトを基盤においた日常的な連絡、対応等による家庭との連携の充実
 ②効果的な情報発信
  ・積極的な情報発信及び受信による開かれた学校づくりの推進
 ③危機管理体制の充実
 ・危機管理体制の共通理解と職員研修の実施
 ・安心・安全で美しい学校環境づくり