HOME / 利用案内 / クラブ活動 / 子ども科学学園

子ども科学学園

ノーベル賞を目指せ!~大学の先生や専門家が教える もっと深くて楽しい世界~

子ども科学学園は、科学のスペシャリスト(大学の先生や専門家など)を講師にむかえ、物理・化学、生物・地学の各分野のテーマを深く、楽しく学習するものです。
「科学って面白いな」「もっと理科の実験がしたい!」そんな思いにこたえる「ノーベル賞をめざせ 子ども科学学園」。あなたも学校ではできないちょっと専門的な実験やものづくり、観察や野外学習などを通して、科学を学んでみませんか?

令和3年度の計画

  • 開催期間
    令和3年10月~令和4年2月(8月イベント案内では9月~3月開催と記載しましたが変更となりました。)

場所

出雲科学館

開設教室・対象者・人数

・小学生クラス(小学5・6年生) 24人

・中学生クラス(中学校全学年) 24人

※継続して参加できる方に限ります。

科学学園のクラスわけについて

科学学園では原則として、小学生は「小学生クラス」、中学生は「中学生クラス」への参加となります。ただし、小学生クラスへの応募者数が定員超過し、中学生クラスに空きがあった場合、小学6年生には中学生クラスへの参加をお願いする場合があります。そのため、小学6年生の方は応募の際に中学生クラスへの参加を希望するかどうか、明記していただきますよう、お願いいたします。

受講料

年間3,000円(材料費、バス代など)

開催日時・講義内容

※一部のスマートフォンをご利用の場合、横スクロールで全体をご覧いただけます。

小学校クラス

(10:15~12:30)

中学校クラス

(14:00~16:15)

  講師         

            

    

10/3

(日)

オリエンテーション

科学者になって謎の粉の正体を調べよう!

オリエンテーション

科学者になって謎の粉の正体を調べよう!

出雲科学館

講師 松永 一馬

10/10

(日)

プログラミングでパソコンの外の世界を操作してみよう

〈小学生クラス〉

※10:15~16:00の1日開催

島根大学学術研究院

教育学系

准教授 長谷川 裕之

hasegawasensei.JPG

10/17

(日)

プログラミングでパソコンの外の世界を操作してみよう

〈中学生クラス〉

※10:15~16:00の1日開催

10/24

(日)

時間と空間を旅する島根半島フィールドワーク

ー新生代新第三紀の地質ー(小中合同)

※10:15~16:00の1日開催

※感染症対策として同じ内容を2週開催し、どちらか1日に参加。

島根大学大学院

教育学研究科(教職大学院)

教授 松本 一郎

matumotosama.jpg

10/31

(日)

11/7

(日)

台風の位置推定に挑戦してみよう

(リモート開催)

台風の位置推定に挑戦してみよう

(リモート開催)

北海道大学 地球惑星科学部門

宇宙惑星科学分野

特任准教授 久保田 尚之

kubotasama.JPG

12/4

(土)

宇宙やロケット開発について学ぼう

(リモート開催)

宇宙やロケット開発について学ぼう

(リモート開催)

宇宙航空研究開発機構

H3プロジェクトチーム

ファンクションマネージャ

名村 栄次郎

namurasama.jpg

12/19

(日)

金属が溶ける様子を

観察しよう

金属が溶ける様子を

観察しよう

島根大学 次世代たたら協創センター

教授 森戸 茂一
moridosama.JPG

1/16

(日)

地球生命vs宇宙生命

現実vs創造

吾輩は天才科学者である。きみたちは吾輩を超えられるかね?

(リモート開催)

地球生命vs宇宙生命

現実vs創造

吾輩は天才科学者である。きみたちは吾輩を超えられるかね?

(リモート開催)

国立研究開発法人海洋研究開発機構

超先鋭研究開発部門

部門長 高井 研
takaisama.jpg

1/23

(日)

動物の発生と形の進化について学ぼう

(リモート開催)

動物の発生と形の進化について学ぼう

(リモート開催)

国立研究開発法人

理化学研究所 生命機能科学研究センター

チームリーダー 倉谷 滋

kuratanisama1kameCGanimesyon.jpg

2/27(日)

学習リモコンを

作製して、

赤外線通信の仕組みを知ろう!

学習リモコンを

作製して、

赤外線通信の仕組みを知ろう!

松江工業高等専門学校

電気情報工学科

准教授 片山 優

katayamasama.jpg

※講座内容や日時が都合により変更、中止になる可能性があります。

応募方法

令和3年度の募集は終了しました。

令和2年度の活動実績

※一部のスマートフォンをご利用の場合、横スクロールで全体をご覧いただけます。

小学校クラス

中学校クラス

講師

10/25

オリエンテーション

GEMS:ドライアイスの調査

オリエンテーション

GEMS:ドライアイスの調査

出雲科学館

講師 呉羽 理恵

GEMS:アメリカで開発された科学と数学の体験学習プログラム

11/1

島根半島フィールドワーク(小中合同)新生代新第三紀の地質

※感染症対策として同じ内容を2週開催し、どちらか1日に参加。

島根大学大学院 教育学研究科

教授 松本 一郎

11/15

11/22

ゲーム感覚で学ぶ定性分析

ゲーム感覚で学ぶ定性分析

島根大学大学院 自然科学研究科

講師 管原 庄吾

12/6

ストームグラスをつくろう

ストームグラスをつくろう

島根大学学術研究院 教育学系

准教授 長谷川 裕之

1/24

骨からネジをつくる

骨からネジをつくる

島根大学医学部 整形外科学教室

教授 内尾 祐司

2/14

ビタミンCにふれてみよう!

ビタミンCにふれてみよう!

島根大学生物資源科学部 生命科学科

教授 石川 孝博

2/21

いろいろな金属を調べよう

~ビスマスの結晶づくり~

金属の融解と反応

~ビスマスの結晶づくり~

島根大学学術研究院 理工学系

教授 森戸 茂一

3/7

トリプル駆動ミニチュア

坑道探査ロボットを作ろう!

トリプル駆動ミニチュア

坑道探査ロボットを作ろう!

松江工業高等専門学校 電子制御工学科

教授 久間 英樹

<参加した子どもたちのコメント>

・ビスマスの結晶を学んで、他の結晶も見たいと思った。

・第3回講座で果物や野菜にはどれだけビタミンが入っているのか考えようと思った。

・骨ネジのことをふまえ、身近なものが意外な方法で活用されている例を調べてみたいと思った。

・ストームグラスを長い期間観察して、法則を見つけたいと思った。

・第2回、第4回の講義をきっかけに身近なものをよく観察しようと思った。

・砂や岩石の種類を調べてどのようなものなのか知りたいと思った。

・記録したり、まとめたりする力がついた。

・色々な理科の知識がついた。

・化学にもっと興味をもった。

・実験や観察のときに詳しく記録を取ることができるようになった。

・ちがう視点で物事をみることができた。

・観察する力がついた。

・疑問をもったりすることができるようになった。

10月25日
開講式・オリエンテーション 「GEMS ドライアイスの調査」

科学者になったつもりで、自分で実験の方法を考えながらドライアイスの調査を行いました。

11月01日
島根半島フィールドワーク(小中合同) 新生代新第三紀の地質

斐伊川の下流や小伊津海岸にでかけました。大地のつくりや、火成岩、堆積岩について学びました。

※感染症対策として同じ内容を2週(11/1、15)開催し、どちらか1日に参加。

11月22日
ゲーム感覚で学ぶ定性分析

窒素やリンなどが含まれているかどうかを調べる、定性分析を行いました。自分で試薬を組み合わせながら、色の変化を観察しました。

12月06日
ストームグラスをつくろう

結晶のでき方などについて解説を聞きながら、湿度や温度、気圧の変化によって結晶のでき方が変わるといわれるストームグラスを作りました。

01月24日
骨からネジをつくる

患者の骨からネジを作り、治療をするという「骨ネジ」の開発や有効性について学びました。(オンラインでの開催)

02月14日
ビタミンCにふれてみよう!

ビタミンを含む栄養素について学び、検出試薬を使って身近な野菜や果物などに含まれるビタミンCの量を調べる実験を行いました。

02月21日
いろいろな金属を調べよう~ビスマスの結晶づくり~、金属の融解と反応

ビスマスを加熱して、結晶づくりをしました。また、スズとビスマスを混ぜて加熱したときの温度と状態の変化を観察しました。

03月07日
トリプル駆動ミニチュア坑道探査ロボットを作ろう!

坑道探査のために独自で開発されたロボットを、子どもたちも1人1台作製しました。ロボットが転倒したときにどのように起き上がらせるのか、操作方法も学びました。