▼インフルエンザによる学級・学年閉鎖になった場合▼
該当学級の対応
全員マスク着用。
休憩時間も教室で過ごし、他の児童との接触を避  ける。
そうじは自学級で行い、いつものそうじ場所へは行   かない
うがい・手洗い・換気の徹底。

当該学級のインフルエンザ・及びインフルエンザ様症状による欠席者数2割程度、出席している児童の状況など、   今後も拡大が予想される場合。

校医の先生と相談し、学級・学年閉鎖等の対応をし、インフルエンザの拡大を防ぐ場合
保護者への対応
該当学級の保護者へメール配信する(10:30頃)。あわせて全保護者にもメール配信で情報提供する。
  該当学級の保護者は、受信確認のため開封確認をする。
該当学級について返信のない家庭及び登録されていない家庭には電話で連絡する。
13:30に下校する。
・児童クラブは預かってもらえないので自宅へ下校する。
・塾等が予定されていても、基本的に家庭に帰るよう指導する。(塾等への連絡は学校ではしない。)
・学級閉鎖になった際、自宅以外に帰る児童については、事前にアンケートをとっておく。

Copyright(c) 出雲市立神戸川小学校 Kandogawa Elementary School, All Rights Reserved.

学級・学年閉鎖

・閉鎖期間は初日を含めて4〜5日(土日を含む)
・閉鎖後の出欠見込み状況により、延長になる場合もある。
各家庭において
 ○インフルエンザ様症状の発症があった人、及び学級閉鎖になった場合は、外出を控え、家庭で過ごすようにする。
 ○手洗い、うがいを励行する。
 ○食事・睡眠をきちんととるようにする。
 ○発熱・頭痛・倦怠感・のどの痛みなどの症状がある場合は早めに受診する。
 ○インフルエンザと診断・インフルエンザ様症状の発症があった場合は、学校に連絡し、医師の指示に従い十分休養   をとる。(自宅療養期間の基準は、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日となっている)

Action