インターネット利用にあたってのガイドライン(出雲市)
Copyright(c) 出雲市立神戸川小学校 Kandogawa Elementary School, All Rights Reserved.
 このガイドラインは、出雲市児童・生徒および関係者の学校におけるインターネット利用および発信のあり方を示すとともに、個人情報の保護ならびに著作権の侵害防止の観点から必要な事項を定めるものとする.

T インターネット利用の目的

1. 自らの課題の解決へ向けて、情報手段を適切に選択し、必要な情報を収集し、判断し、表現できる基礎的な情報活用の実践力を育てる。
2. コンピュータを利用するための基礎的な技術を身につけることにより、学習や普段の生活にコンピュータを役立てようとする意欲を育てる.
3. 社会生活の中で情報がどのように利用されているかを理解し、情報社会で責任をもって行動できる情報モラルを育てる.
4. インターネットを通して出会った人たちとの関わりを、具体的な人と人とのネットワークへと育てる。

U インターネットの管理と運用

 各学校におけるインターネットの利用に関する責任者は学校管理者(校長)とし、校外に発信するすべての情報には、責任者名(学校長名)及び連絡先(メールアドレス等)を明記しなければならない。学校長は、インターネットの利用の適正を図るため、その運用規定を定めるとともに、校内に運用主任をおく。また、校内に情報教育部(仮称〉を設置し、次の事項を協議する。
  1.インターネットの利用に関する基本的事項
  2.ホームページの管理
  3.電子メールの管理
  4.その他インターネット利用に関する問題が発生した場合の対処

V インターネット利用の基本

1. インターネットを利用することにより、自らの課題の解決に向けた必要な情報を、インターネットの情報検索により収集する.
2. 学習したことを通して得た知織や考えを、コンピュータを利用して表現し、ホームページとして情報を発信する。
3. インターネットを利用したホームページや電子メールにより、他地域の学校や地域社会や人たちと情報を交流する。

W 情報発信のあり方

1.個人情報について
 インターネットを利用して児童・生徒の個人情報を発信する鎗合には、本人・保護者の同意を前提としながら、教師の指導のもとに発信するものとする。インターネットで発信する児童の個人情報の範囲は、次に定めるところによる。 

@氏名
 原則として氏名はのせない。ただし、教育目的あるいは著作権法上の氏名表示権等との関係から、必要と認められる場合は氏名を使うことを可とする。
A意見・主張等
 児童・生徒の意見、考え、感想、主張等については、教育上の効果が認められる場合のみ発信することができる。
B写真
 児童・生徒の写真を使う場合は、個人が特定できないようにし、氏名等明記しない。
C児童・生徒の作品の掲載
 児童・生徒の作品を掲載する場合は、児童・生徒及び保護者の承認を得るなど適切な手だてをとる。
Dその他
 住所、電話番号、生年月日、家族関係、年齢、その他の個人情報などのプライバシーに関する事項は発信しなし。ただし、電子メール等相手が特定される場合には、必要に応じて、年齢等を発信することができる。この場合においても、原則として住所、電話番号、生年月日は発信しないものとする。児童・生徒また保護者から発信内容の訂正や取り消しの要請があった場合、速やかに発信内容を変更しなければならない。

2.著作権

 インターネットの利用において、第三者が作成した著作物を著作者の事前の承藷なく他の第三者に提供してはならない。インターネットを利用して得た情報は、私的使用の範囲を超えて利用してはならない。著作者の承諾を得て学校から発信する情報には、著作者を明記する。ただし、著作者がその必要を認めない場合にはその限りではない.

X 情報受信のあり方

1.インターネットの接続は教員の許可を得て、学習の時のみに使い、学習に必要のないページにはアクセスはしない。
2.ホームページに勝手に書き込みをしたり、業者へ注文をしたりしない。
3.他人の著作権・肖像権・知的所有権などの権利を侵害しない。
4.知らない人に自分の氏名・住所・電話番号などの個人情報は安易に電子メールで教えない。やむを得ず連絡先を伝えなければならない場合には、担当教員に連絡し、学校を宛先とする。
5.ネットワーク上でトラブルが生じた場合には、直ちに担当教員に連絡する。

Y 教師による指導の徹底

インターネットを利用する上で教師が指導すべき事項は、次に定めるものとする。
1.他人を誹謗中傷する表現はしてはならない。
2.虚偽の表現はしてはならない.
3.人権を専重し、身体、学歴、出身、民族、宗教等に対し不適切な表現はしてはならない。
4.安易に自分または他者の個人情報を発信してはならない。
5.安易にインターネットを通じて画像や文書をコピーしない。
6.教員の許可なく、チャット、掲示板への書き込みをしない.
7.学習に必要のないページにはアクセスはしない。ホームページに勝手に書き込みをしたり、注文をしたりしない.
8.メールを送るときは必ず教員の許可を得る。人を傷つけるような内容のメールや、チェーンメールは送らない.

Z 補足

1.児童・生徒向けのガイドラインは、本ガイドラインをもとに各学校で作成する。
2.学校教育におけるインターネット利用の進展に伴い、このガイドラインに規定した事項の見直しの必要が生じたときには、各学校と出雲市教育委員会との協議により見直しをする。