本文へスキップ

〒693-0213 出雲市朝山町978TEL: (0853)48-0013
FAX: (0853)48-0236
mail: min-school@izumo.ed.jp

学校紹介

沿革 校歌・校章 校区の概要 経営方針

学校の沿革1

昭和22年 4月 朝山村立朝山中学校開校      稗原村立稗原中学校開校
30年 3月 出雲市立第四中学校に名称変更   出雲市立第五中学校に名称変更
平成元年 3月 出雲市朝山町978番地に新校舎完成
4月 出雲市立南中学校開校 出雲市立第四中学校と第五中学校が統合し、両校の校区及び第二中学校区の 一部(馬木町、朝山町)を校区として開校した。開校日4月4日
平成2年 6月 緑の少年団結成式
平成5年 10月 健康教育、発達科学研究教育奨励賞受賞
平成6年 3月 常設「南中画廊」開設 書画、写真、磁器10数点を永久展示 開校5周年記念としてSymbol Tree 校樹「楠」を校門前に植樹
5月 開校5周年記念、小池金市氏(稗原町角谷出身、弁護士)篤志により、
明日を夢みる「少女ブロンズ像」建立
平成8年 3月 校訓石碑建立
平成10年 11月 開校10周年記念式典を開催(壁画「若葉の時代」制作)
平成18年 7月 地域学校運営理事会を設置
平成20年 11月 開校20周年記念式典を開催
平成22年 8月 体育館屋根・外壁改修工事
平成27年 4月 プール附属棟・部室棟改修工事

校歌・校章1

校歌

校区の概要1

             
T 校区の概要
校区・学校の概要
出雲市の南部に位置し、野尻町・稗原町・宇那手町・朝山町・馬木町・所原町・見々久町・乙立町の8町を校区とした地域である。 所原・見々久・乙立は神戸川とその支流に沿ってひらけ、険しい山が迫った地形も多く、奇岩がそびえたつ景勝地、立久恵峡には四季を通して観光客も多い。神戸川に沿った国道184号(出雲〜三次)線の交通量は年々増加している。  野尻・稗原・宇那手は、大きな川はなく概して盆地状で、周辺の丘陵には要害山、大袋山、鳥巣山など歴史上の名山もある。 朝山・馬木は、神戸川・稗原川が合流する地にあり、平地も多くなり出雲市中心部に接している。校区各地には、多くの神話や古墳を有し、貴重な文化財も少なくない。  農山村地区であるが、農林業の経営は概して小規模で、近年はほとんどの保護者が市街地に勤める兼業農家で、共働きの家庭が多い。また三世代家庭も多く、保護者や地域住民の教育に対する関心が高く、学校教育に対する理解や協力も得られやすい。  本校は、平成元年4月、旧出雲四中(乙立、所原、見々久)と旧出雲五中(野尻、稗原、宇那手)及び出雲二中校区の一部(朝山、馬木)が統合してできた新設校で、開校当時は校区に稗原小・朝山小・乙立小の三小学校があった。平成31年4月に朝山小と乙立小が統合し、みなみ小となった。現在、本校の校区は稗原小・みなみ小の二小学校である。学校を取り巻く四季折々の豊かな自然と、明るく落ち着いたたたずまいのすばらしい校舎は、生徒の学習活動はもとより、心を和ませ安らぎを与える好環境である。  生徒は、純朴で明るく落ち着いているが、自主性・積極性にやや乏しさが見られる。自分の思いや考えを進んで表現する力が弱いが、物事に熱心に取り組む素直さを持っている。
大きな地図で見る

経営方針1