教育目標

<学校教育目標>  支え合い助け合い 共に伸びゆく子どもの育成

 〈めざす子ども像〉・自ら進んで学ぶ子(知)・思いやりのある子(徳)・元気あふれる子(体)

【取組の重点】

(1)子どもたちの居場所があり、子どもも教師も自分らしさを発揮できる学校。

(2)子どもも教師も、身の回りや地域を見つめ、考え、体験し、学び続ける学校。

(3)自分を大切にし、互いを認め、助け合うことのできる仲のいい学校。


【取組の詳細】

(1)確かな学力の育成〈知〉① 考えを伝え合う児童の育成 ・・・ 楽しい授業、学びのある授業、日々の授業の中で、全校児童の前でも
              ② 学習習慣の定着      ・・・ 学びたくなる仕掛け、家庭との連携、書取・計算会、がんばりカード
              ③ 学校図書館活用教育の充実 ・・・ 読書指導、日常的に学校図書館を活用、新聞を活用
(2)豊かな心の育成〈徳〉 ④ 互いの良さを認め合う集団づくり  ・・・ 主体的に動く児童会活動、アンケートQU、教育相談
              ⑤ ユニバーサルデザインの支援の工夫 ・・・ 特別支援教育の手法を日常の生活に広げる、同じステージに乗せる
              ⑥ 教育環境の整備とふるまいの向上  ・・・ 言語環境(あいさつ、あたたかい言葉がけ)、校舎内外の環境整備
(3)健やかな体の育成〈体〉⑦ 望ましい生活習慣づくりと食育   ・・・ 早寝早起き、朝食、メディアとの接し方、弁当の日
              ⑧ 積極的に体を動かす児童の育成   ・・・ 外遊び、マラソン(なわとび)、体を動かしたくなる環境づくり
              ⑨ 安全に行動できる力を育む教育活動 ・・・ 児童が考えて動く避難訓練、安全教育
(4)信頼される学校づくり〈連携〉⑩ こども園(幼保)や中学校との連携  ・・・ 幼保小、小中の連携、交流活動
                 ⑪ 保護者・地域との情報交換・情報共有・教育力の活用 ・・・ ブログ、たより、保護者との情報共有、地域の教育力の活用
                 ⑫ 地域学校運営理事会及びブロック協議会との連携  ・・・ 学校の取組の見える化、連携した取り組み
(5)働き方改革 ・・・ ○時程を工夫し時間を活用 ○チームでの取組活性化 ○建設的な意見を反映し業務改善