鰐淵小学校猪目分校校歌

トップページにもどる

   作詞 篠原  実    
                 作曲 森山 俊雄

   
一  峯から風の 吹く朝は
青い小鳥が とんでくる
明るい窓に 一心に
学ぶいのめの 子のむねに


 

【校歌について】

 昭和34年7月30日。ピアノ開きに併せ,当時島根大学教育学部教授であった篠原実先生(猪目分校卒業生)作詞の猪目分校の校歌が発表された。
 作曲は島根大学教授の森山俊雄先生。この頃,分校で独自の校歌をもっていたのは,極めて稀な例であったと言える
   

二  白波いそに おどる日は
強い力が わいてくる
潮の香すって 日をあびて
のびるいのめの 子のうでに

 
 三 小川にかじか なく夕は
白い光が さしてくる
栄えるあすを しあわせを
祈るいのめの 子のゆめに