四絡小トップページへ
緑の少年団とは
 昭和35年、国土緑化推進委員が「グリーン・スカウト」の名称で緑化を実践する少年団の結成を呼びかけたことがきっかけで誕生しました。緑の少年団は、次代を担う少年少女たちが「緑を愛し」、「緑を守り」、「緑を育てる心を養う」ことを通じて自然を愛し、自ら社会を愛する心豊かな人間に育ってゆくことを目的とした団体です。四絡小学校でも、校庭に「緑の森」が造られたことを契機に、緑の少年団活動に積極的に参加するようになりました。
「緑の森」の紹介
 四絡小校区は起伏のない平地で、山や森などの自然がほとんどありません。そこで、「校庭の一角に森をつくり、子どもたちに自然に親しんでもらおう」という目的で、平成3年に当時のPTA会長である佐々木さんを中心にして「纏(まとい)の会」が発足しました。その後、何もないところに土を盛り、木々を植え、今では立派な森になりました。子どもたちは、休み時間に遊んだり、生活科、総合学習などで学習に活用したりしています。この森を「緑の森」と呼んでいます。
 
平成20年度には、校舎、校庭の大規模改修が行われ、それを記念して桜の木の植樹も行われました。
四絡小「緑の少年団活動」の様子
平成21年度
1年生の活動 苗植え
 
2年生の活動 緑の森の草取り
虫とり
 
3年生の活動 緑の森の清掃活動
緑の森樹木観察会
樹医さんとの活動
  
3年生総合学習
「樹木博士になろう」のページへ
  ページトップへ
4年生の活動 緑の森樹木観察会
緑の森の清掃活動
緑の森で遊ぼう
  
6年生の活動 緑の森の清掃活動
  
緑の森委員会の活動 緑の少年団入団式
緑の森クイズラリー
佐々木元PTA会長さんを
招いて
   ページトップへ
平成20年度
4年生の活動
春の自然に親しもう
(春の自然観察会)
緑の森に親しもう
(木とふれあおう、木をスケッチしよう)
緑を育てよう
(ヘチマの栽培)
緑の森をきれいにしよう
(緑の森清掃活動)
秋の自然に親しもう
(秋の自然観察会)
緑を育てよう
(一人一鉢運動)
森林の大切さを学ぼう
(社会科の発展学習)
 
ページトップへ
緑の森委員会の活動
緑の少年団入団式 緑の森クイズラリー 桜の木の記念植樹 児童集会で発表
緑の森清掃活動
5年生の活動 6年生の活動
クリーン作戦 奉仕活動
ページトップへ